個人情報が流失したとき!【後編】

クレジットカード会社では不正利用や番号漏洩について万全の対策をしていているのですが、
万が一クレジットカード番号が流出してしまった場合には、これからお伝えする対策を行ってください。

【利用情報・支払い情報を確認する】

これは本当はクレジットカードだけに限らず銀行口座なども毎月郵送されてくる、
もしくはインターネット上で確認することが出来る利用明細書は、きちんと確認したほうがいいです。
支払い状況を確認してみて、覚えのないものはクレジットカード会社に連絡をして相談してください。
出来る限り早く電話連絡をしたほうが良いですが、仕事などでどうしても電話が出来ないという場合
などでは、多少遅れても問題はないです。

個人情報流出で面倒なのは実はこの手続きだけです。
例えば海外で利用されたり、自分の活動区域外で利用された場合にはわかりやすいのですが、
自分の活動範囲で使われてしまうとこの判断が難しく手続きが難しくなります。
あまりいろいろな場所でクレジットカードを使うのは控えたほうがいいかもしれませんね。

PR| トラブル解決の司法書士なら

コメントを残す