個人情報が流失したとき!【前半】

PR|栃木の乳がん治療は宇都宮で|企業成長支援ならGIコンサルティングパートナーズ|港区で人気のエステサロン|強い新築の家づくりのお手伝い|三宮で脚やせで大人気のエステサロン| 郡山でAGA治療をお探しなら子供の身長を伸ばすサプリ |薄毛対策で人気のAGAなら|ニキビケアの商品オススメ|

世の中では個人情報流出事件がごくまれに起こります。
もしかしたら既に誰かの手にあなたのカード番号がバレているかもしれません。
しかし、ほとんどの人はクレジットカードを持っていたとしても『自分のクレジットカード番号がほかの人に伝わったかも…』という時、どのように対処すればいいのかをご存知だという方は、あまりいないかと思われます。

個人情報流出にはご注意を
個人情報流出には気をつけましょう

そこで今回は、自分のクレジットカード番号が個人情報流出が第三者に漏れてしまった場合の対処法について書いていきます。
今までは大丈夫だったとしても万が一ということもあります。
ぜひみなさんご確認ください。

まずしなくてはいけないことは?

クレジットカードにたいしての知識があまりない方は、どういった行動を取らないといけないかわからずしかもパニックに陥りがちです。
しかし、まずしなくてはいけないことは非常に簡単です。

落ち着くこと。

正直なところ、クレジットカード番号がたとえ流出してしまったとしても、特に怖いことなど一つもありません。

クレジットカード番号流出によって大金を勝手に使われると考える方が多いですが実はそんなことはないんです。

あと、
公共料金は大抵の場合、クレジットカードで支払うことができます。
つまりガス代、電気代もカード払いが可能で、その支払い額に応じて当たり前の話だがポイントやキャッシュバックを受けることができ、お得です。
夫婦二人や家族4人分の公共料金を払っている場合には月額3万円程度のしはらいになると思います。
これをクレジットカード払いに変更するだけで毎月500円程度の割引を受けることが可能になるんです。

更に新聞代や携帯電話代、NHK受信料などもカード払いが可能です。
これらも公共料金同様、すべてクレジットカード払いに変更するだけで大きな割引を受けることが出来きます。クレジットカード払いにする利点は他にもある。通常、銀行口座から
直接引き落とされていた代金がクレジットカード払いになるため、支払日を実質30日以上も先送りすることが可能になるため。
ちょっと金欠で・・・という場合には支払いを先延ばしにすることが出来るでき、
その分残ったお金を他の支出に回すことも可能。
金欠ではないという方にも、銀行口座の利子というオマケが付くため、なにかと先延ばしはお得なのである。

PR|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|住宅リフォーム総合情報|カウンセリングのお悩み解決サイト|ゴミ屋敷解消Q&A|マーケティング経営研究.net|注文住宅のための用語集

コメントを残す